環の会 わのかい NPO 特定非営利活動法人 Motherly Network マザリーネットワーク
環の会 法人情報 環の会 事業内容 環の会 活動実績 環の会 お問合せ 個人情報保護方針
環の会について
環の会(わのかい)は、
予期しなかった妊娠で生まれた子ども、又は出産の条件が整わず悩む親の相談を受け、更に、出産後の子どもの生命を守るための養子(特別養子縁組制度)他の相談に応じ、子どもの福祉の増進を図ることを目的としています。

東京都により第2種社会福祉事業として受理され、営利を目的とせず、子どもの福祉のために活動している団体です。2000年4月には特定非営利活動法人(NPO法人)として認証を受けました。
NPO法人 環の会
  環の会 トップページ
法人情報
環の会の特色
予期しなかった妊娠・出産・育児についてのご相談
子どもの育て親に関するご相談
活動支援・入会のご案内
説明会のご案内
シンポジウムのご案内
環の会新聞 サポーティング環
よくあるご質問と回答
事業内容
活動実績
お問い合せ
環の会 サポーター専用ページ
特別養子縁組と普通養子縁組の比較
環の会 報告書のご紹介
環の会 パブリシティ情報のご紹介

よくある質問と回答





☆子どもとの縁組(特別養子縁組)を希望されるご夫婦から多く寄せられる質問をまとめました。



Q1 夫婦いずれかが専業主婦(主夫)にならなければ、いけませんか?

A1 
 育て親とのご縁を待つ子どもたちには、産みの親のもとを離れるに至った、
 さまざまな背景があります。
 育て親になるご夫婦には、子どもの背景を丸ごと受けいれて、
 多くの時間をともに過ごしてほしいと思います。
 かけがえのない親子関係が築かれるまで、
 ご夫婦のいずれかが子育てに専念していただきたいと考えています。



Q2 子どもを迎えるまでどれくらい期間がかかりますか?

A2 
 その時々での状況で期間は変わりますので一概に言えません。
 たとえば、早く登録されたご夫婦が早く迎えるとは限りません。
 産みのお母さんの希望にあったご夫婦・家庭に、子どもとの
 ご縁が結ばれていくとお考えください。



Q3 説明会を受けてから最短でどのくらいで登録出来ますか?


A3
 説明会の後、希望者の方には、通常一ヶ月以内に夫婦面談があります。
 面談を経て、育て親候補者になって戴きたいと事務局からお願いを
 差し上げたご夫婦には「育て親希望者研修」を受けていただきます。
 研修の結果を受けて正式な登録となりますが、その期間は平均して
 2ヶ月前後です。早い場合は3週間後くらいの方もいらっしゃいます。
 基本的に面談や研修の開催時期、ご夫婦のスケジュールにも左右され
 ますので、詳しくは、事務局にお問い合わせください。



Q4 現在、不妊治療中ですが、並行して、育て親登録をできますか?

A4 
 治療か、迎えるか、まだ迷っておられる時点で、説明会に参加されるのは歓迎です。
 ただし、「治療はもう止め、子どもを迎えたい」という決心をご夫婦ともになされてから、
 育て親希望者になって戴きたいと考えています。



Q5 現在、児童相談所(または他の養子縁組の団体)に登録していますが、
   環の会にも登録可能ですか?

A5 
 説明会や面談を受けられる時点で他の団体に登録されているのは支障ありません。
 ただし、面談から研修に進む際に「環の会から迎えたい」と希望される場合には
 他団体への登録は取り下げて戴くようお願いしています



Q6 男の子(女の子)の赤ちゃんが欲しいのですが・・・

A6 
 環の会では、子どもの性別、年齢、性格や健康状態など、「こんな子どもが欲しい、
 欲しくない」といったご希望をうかがうことは一切いたしません。



Q7 「養子」であることを隠して育てたいのですが…

A7 
 普通養子縁組はもちろん特別養子縁組の場合でも、戸籍を詳しく読めば、縁組した事実はわかります。
 DNA鑑定も数万円でできる時代です。
 隠し続けることよりも、親子の絆を深めることのほうに、心を向けてみませんか。
 環の会では、「テリング(tell+ing)」を大切に考えています。
 テリングとは、育て親が、産みの親の存在や自分たち家族の成り立ちについて、
 子どもを迎えた時から子ども本人に伝え続け、また、子どもの思いに耳を傾け続けることです。



Q8 縁組が成立した後、子どもの産みの親との関係はどのようになるのですか。

A8 
 法律上は、子どもと産みの親との親子関係はなくなり、
 育て親と子どもとの関係が唯一の親子関係であるとされます。
 しかし、子どもには産みの親がいる、これは決して変えることのできない事実です。
 環の会では、産みの親と育て親家族は、環の会が必ず間に入るかたちで、
 縁組成立後もお互いの希望に沿って交流を保つシステムをもっています。
 環の会のスタッフは、産みの親からの相談を受けてきたこれまでの経験を通して、
 産みの親が子どもの将来の幸せを考えて縁組を希望し、
 育て親に託した後何年経っても「産んだ子どもの存在を忘れずに、
 子どもの幸せを願い続けている」ことを感じています。



その他、質問等がございましたら、環の会事務局までご連絡下さい。

              



           お問い合わせ先 特定非営利活動法人 環の会 事務局

  〒161-0033 東京都新宿区下落合4−23−13−502

TEL:03-3951-7270 FAX:03-3951-9495  e-mail: wa@wa-no-kai.jp

(電話受付時間10:00−20:00)



Copyright(c) NPO wanokai., 2008 All rights reserved.